グリーンコープとコープ自然派の違いとおすすめの使い方を両方使ってる主婦が解説してみた。

こんにちは!サルヂエママです。

今日は、こんなご時世で食材の宅配なんかも流行ってるみたいですが、やっぱり子供や赤ちゃんを抱えていると、食材も安全でナチュラルな物を選びたい、2児の子供を持つ母親として、私自身そう思っています。

で、特にうちはグリーンコープと、コープ自然派っていう二つの生協の食材宅配を利用してます。

そこで、今回はそんな思いから私が普段利用しているグリーンコープとコープ自然派の特徴やおすすめポイント、ちょっといまいちポイントなんかも紹介してみたいと思います。

→【近畿地方限定】おうちコープの資料請求
Web限定の500円・1000円のお得な詰合せセットあり!

グリーンコープとコープ自然派の対象地域の違い

まず、2つの違いとして対象地域が違ってきます。対象地域とは、そもそも地域によっては注文ができない、という地域があるので注意が必要です。

それぞれ、対象地域について紹介します。

グリーンコープの対象地域

  • グリーンコープ生協 おおさか
  • グリーンコープ生協 ひょうご
  • グリーンコープ生協 とっとり
  • グリーンコープ生協 島根
  • グリーンコープ生協 おかやま
  • グリーンコープ生協 ひろしま
  • グリーンコープ生協 やまぐち
  • グリーンコープ生協 ふくおか
  • グリーンコープ生協 さが
  • グリーンコープ生協 長崎
  • グリーンコープ生協 くまもと
  • グリーンコープ生協 おおいた
  • グリーンコープ生協 みやざき
  • グリーンコープ生協 かごしま

こうなっています。

なぜ、一部をのぞいて都道府県名がひらがなになっているのかは分かりませんが、こうやってみみてみると、グリーンコープや関西から中国、そして九州のエリアになっています。

大阪から東、中部や関東、東北、北海道などは対象外となってますし、四国と沖縄も対象外となってますね。また、関西でも京都や奈良、滋賀、和歌山なんかは対象外となってます。

コープ自然派の対象地域

  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 京都府
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 滋賀県
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県

コープ自然派の方は、明確に関西+四国!って感じですね綺麗にわかれてますね〜。ん〜、わかりやすい笑

グリーンコープとコープ自然派の商品点数の違い

はい、では次に商品点数の違いについて。

で、まず初めに言っておくことがあるのですが、それが、結構二つの中でも被っている商品もあるってこと。

元々同じ生協で、コンセプトもわりと似ている部分もあるので、それは当然のことかもしれません。

ただ、純粋に商品の点数で比較すると、商品点数はコープ自然はの方が圧倒的に多いです。

これがコープ自然派のカタログなんですが、見るからに重厚そうでしょ?笑

で、ちなみにこっちがグリーンコープの方。

ちょっとわかりにくいですかね笑

今更、ちょっと写真の撮り方が悪かった・・・と後悔してますが、持ってみると明らかにコープ自然派の方が重いですし、ページ数も全然多いです。

 

でも、じゃぁ、コープ自然派の方が良いか?というと、実はそうでもないな、と思っていて、グリーンコープの方は、点数は少ないですが、しっかりと良い商品を厳選して絞ってきているな〜という感じがするんですね。

 

特に食品に関しては、そう思ってます。もちろん、さっき言った通り、グリーンコープにもあってコープ自然派にある商品もありますし、コープ自然派のように点数が多いと色々とカタログを見るのも楽しいですが、毎日に必要な食材で質の良いものを頼もうと思うと、グリーンコープで十分だと私は感じてるので、そっちをよく利用してます。

グリーンコープとコープ自然派のコンセプトの違い

次に、グリーンコープとコープ自然派のコンセプトの違いについてです。

まず、コープ自然派は、国産オーガニック、有機栽培の促進、遺伝子組み換え作物反対、家畜飼料の餌からこだわった畜産物や水産物、食品添加物の削減、原材料を全てカタログ表示、産地海域の表示、放射能検査・・・などなど、本当に徹底的に食の安全性や自然保全というところに拘っています。

確かに、グリーンコープの方は原材料とか、遺伝子組み換えの有無とかの表示はないんですが、自然派は事細かにしっかりと表示されてますからね〜。これは本当に凄いと思うし、安心します。

特に、

  • 遺伝子組み換え作物の有無
  • 畜産物・水産物の飼料から安全なものを
  • 食品添加物の削減

この辺りに関しては特に重要だと思ってて、普通のスーパーではこの辺が分からない、または徹底してないことも多いので、これは非常に安心できるポイントだと思います。

対して、グリーンコープの方ですが、こちらも安心安全で、国産にこだわる、という点ではコープ自然派 と同じですが、原材料表示などは残念ながら徹底されていなかったりします。

こんな感じで、原材料の記載はカタログにありません。

また、グリーンコープは産直に拘っているため、価格を抑えて新鮮な食材を届ける、という部分が強みではあります。

グリーンコープとコープ自然派の注文方法

これはグリーンコープの注文書ですが、コープ自然派も注文書で頼めたり、後はどちらもインターネットでもちゅもんが可能です。

また、利用したことはないですが、コープ自然派は注文書とインターネットに加えて、電話でも注文できるみたいですね。

後は、グリーンコープの方は最近、アプリでの注文サービスが始まって、凄い便利になりましたねー。

過去1年間の明細が見れたり、注文したものを見れたりするので、すごく便利になったんですよね〜。

グリーンコープと自然派コープの商品の受け取りと配達料について

次に、グリーンコープとコープ自然派の商品の受け取り方法と、配達料についてです。

どちらも、基本的に自宅まで配達員さんが配達にやってきてくれます。

で、違うのがこっから。

どちらも、配達料が無料になる条件があって、

  • グリーンコープ→2世帯以上での共同購入(※どちらか1世帯でも1ヶ月以上注文がない場合は手数料がかかる)
  • コープ自然派→3世帯以上での共同購入

だと、それぞれ配達料が無料となります。

で、もし個別の配送にした場合、

  • グリーンコープ→800円/月
  • コープ自然派→200円/回

の配達料が必要になります。

どちらも数字と単位が違いますが、グリーンコープの方も月を4週として週一に直すと一回二百円になるので、配達料の相場としては一緒ですね。

 

で、これ結構気になるのが不在の時に、商品が受け取れなかったらどうすればいいの?ってところだと思いますが、その場合は、発泡スチロールの保温剤に入って家の前に(マンションであればドアの前)に置いておいてくれます。

その発泡スチロールも、次回回収してもらえるので安心して下さいね。

また、今はコロナの影響もあって、在宅であっても、家の前に置いていくという感じになってるので、その辺が気になる方にはいいかもしれませんね。

グリーンコープとコープ自然派の比較まとめ

ということで、いかがでしたでしょうか?

私の場合は、どっちが良いとかではなく、どっちも良い面があるので、それをよいとこどりして利用させてもらってるって感じですね。

基本的には、いつも買っている食材や日用品はグリーンコープで毎週頼んで、たまにコープ自然派にしかない、こだわり商品を購入するって感じですね。

特に、コープ自然派の場合は、初めに「はじめてボックス」って言って、お試しセットみたいなものが安く買えるので、それを試してるのがいいですよ。

→【近畿地方限定】おうちコープの資料請求
Web限定の500円・1000円のお得な詰合せセットあり!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です